株式会社三豊(さんぽう)工業について

さあ一緒に最先端の景観工法を全国に広めよう

 

当社は主に建設工事に中でも現場施工型の工事や材料販売などを得意としている会社です。

その中でも主に「スタンプコンクリート」や「モルタル造形」、「ストリートプリント」といった

現場施工型、いわゆる「手作り」感覚の工法を中心に扱っています。

 

「スタンプコンクリート」は米国から輸入された工法で、この地域の施工会社としては当社が先駆けで、業界内でも「良い仕事ができる会社」としてご評価いただいています。

 

「ストリートプリントは」カナダから輸入された新しい工法で、国内ではいまだわずか5社しかない施工会社のうちの1社です(2010年3月現在)

 

決して大きな会社ではありませんが、まだ扱っているところが少ない商品や珍しい工法を市場に広めていくのが好きな会社で、そんなものばかり扱っています。

 

下の図はご存じの方も多いと思いますが商品のライフサイクルを示す「Sカーブ」。

 

一般に商品の市場への広がりは導入期、成長期、成熟期、衰退期に分かれるといわれていますよね。


初期段階である導入期は、立ち上がりなのでまだそれほど成長度は高くありません。売ろうとしても知名度もなくなかなか売れず苦労します。参入業者も少ない頃です。


それが真ん中の成長期になると、だんだんとみんなに知られるようになりグンと伸び率が上がり、一気に成長・発展します。どんどん売れて楽しい時期です。参入業者も一気に増えます。


ひと通り成長したあとは成熟期に入ります。商品もみんなに知られて安定的に売れますが、業者間の値下げ競争が始まり、売れてもあまり儲からなくなります。

 

そしてその後少しずつ業者も撤退し商品は徐々に衰退していきます。

当社はこの導入期の商品を扱うのが大好きです。

 

売りやすさだけで見れば、みんなが扱い始めてブームになり確実に売れていく商品を扱う方が効率的なのですが、そういうものよりも「新しいもの」に心が動かされてしまうのです。

 

お客様から「へえ~こんなのあるんだ~」とか「これって面白いよね」なんて言われると得意になってしまいます。 

 

いまだ海の物とも山のものともつかない、売れるかわからない苦労する商品を他に先駆けて扱うので苦労も多いのですが、なぜかそういうことに面白みを感じてしまうそんなマインドを持った会社です。